未分類

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020に投票しました!

こんにちは、つみたて王子です。

2021年1月16日に開催が予定されている『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020』に投票しました。

東進ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearとは?

このイベントの概要は端的に言えば投資ブロガーによるおすすめの投資信託ランキングを決定するというものであり、2007年に第1回が開催されてから今回で14回目の開催となる(世界最高のETFであるVOOの歴史と比べても)伝統のあるイベントです。

 

なお、開催目的はHPに以下の様に記載されていました。

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼ら彼女らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

 

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020』ではそれぞれのブロガーに持ち点が5点与えられており、それを推奨する投資信託(ETF含む)に自由に配分していきます。(1つの投信に5点を配分することも可能ですし、5つの投信に1点ずつ配分することも可能です。)

 

投票をした理由

このイベントの開催意義に書いてあった様に、本来の投資ブロガーの存在意義というは「証券会社の意見に惑わされずに一般投資家目線での情報発信をする」ことにあると思います。

名著と呼ばれる投資本においても、証券会社(あるいは、機関投資家)が悪役にされることは多く、証券会社の言いなりになってアクティブな取引をしたり、高い手数料を支払ったりすることは愚かなことであると強調されがちであると言えるでしょう。

しかし、プロでない故にポジショントーク無しで情報発信をすることができていたはずのブロガーは、最近では単なるアフィリエイターへと落ちぶれてしまっていて、PVを稼ぐために話題のファンドを推奨したり、射幸心を煽る様な記事を作成するなど、(一部の)ブロガーはもはや証券会社よりも悪質な存在であると言わざるを得ません。

 

ブロガーがアフィリエイト収益を優先する風潮に一石を投じ、一般投資家が真に有益な投資情報を得られる様になることを願って、私が本心から推奨できる銘柄に票を投じることにしました。

 

投票した銘柄は?

今回、持ち点である5ポイント全てを『グローバル3倍3分法ファンド』に投票しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、5ポイント全てを『Vanguard S&P500ETF(VOO)』に投票しました。

 

てか、私の資産は現金とVOOだけです…。

 

つみたて王子
つみたて王子
VOO絶対優勝するぞ!!

 

↓投票はこちら↓

http://www.fundoftheyear.jp/2020/